【ウマ娘が1.8倍楽しくなるお話 22】1周年情報で感情ぐちゃぐちゃだけど新ウマ娘について想像してみたお話

]

柿ヶ瀬です。昨日からもう頭の整理が追いつかない状態です。

そうです。昨日というのは2月22日のこと。2月24日の『ウマ娘』リリース1周年を前に“ぱかライブTV Vol.14 1st Anniversary Special!”が配信されました。同接約20万人、今原稿を書いている23日午前10時現在で150万再生と、大変な注目を集めたと言えるでしょう。もちろん筆者も20時には夕飯や風呂など済ませ、万全の体制で視聴させていただいたわけですが……。

いや、情報量で溺れて死ぬかと思いましたね。詳細な情報についてはまとめ記事にてご確認いただければということで、こちらのコラムでは主に新ウマ娘のお話をいつも通り妄想バリバリさらにマシマシでやっていこうかなと思います。あとマチカネタンホイザの話もちょっとだけします。

や、やっておいてよかった~~~~!!!

というわけでマチカネタンホイザの育成実装がアナウンスされました。先月当コラムでマチカネタンホイザのお話をさせていただきましたが、1周年で来そうな予感がするからとその前にタンホイザの話をしておいたわけです。やっておいて本当によかった……。

そもそもおかしかったんですよ。新しい『ウマ娘』1周年のテレビCMで映っているレースシーンになぜかタンホイザがいて(映るのはほんの一瞬なのでコマ送りしてみてください)、アニバーサリーカウントダウンログインボーナスではあと3日のところではネイチャとともに登場。しかもこれまでなかった勝負服を着た3Dモデル……。もうここまで来たらさすがに覚悟は決まっていました。でも星2で本当によかった……!

実はツイッターで“マチタン”がトレンド1位になってたんですよね……そんなことあります……? マチカネタンホイザですよ……? 自分で言うのもなんですけど、当時マチカネタンホイザを好きだった人、まあまあコアもコアなタイプでしたよ……? それが今こんなことになっている。以前のコラムでも言いましたが本当に信じられません。『ウマ娘』運営、なんちゅうものを作ってくれたんや……(涙を流しながら)。

心して、育成シナリオをプレイさせていただこうと思います。無料10連の間に引けるといいな……。

予想◎-▲的中! 新規ウマ娘!

それから昨日は待望の新『ウマ娘』の発表がありました。名前が出た子が3人、名前は隠されていた子が2人。

まずは新キービジュアルで後方やや左側に登場した『ウマ娘』。この子の周りにいるのが、前方にサクラバクシンオー、前方外にマヤノトップガン、外側にマーベラスサンデー、そして後方外にナリタブライアン……。なんてわかりやすい配置!

そう、かねてより出ないはずがないと、このコラムでの新規『ウマ娘』予想で二度にわたり本命◎を打っていたサクラローレルが、ついに新たな『ウマ娘』として登場です! いや、ホントにサクラローレルが来ないはずは絶対ないと確信していたので、嬉しさももちろんですが、ホッとしたところすらありますね。

さらには以前のコラムで3番目に予想したヤマニンゼファーも『ウマ娘』となりました。というわけで◎-▲の予想馬連的中ですね(?)。ヤマニンゼファーは以前も紹介した通り、中距離、マイル、スプリントのGI三階級制覇に最も近づいた競走馬です。しかし唯一スプリントのGI、スプリンターズSでは2度の2着とついに勝つことが出来ませんでした。

その2度の相手こそ、ニシノフラワーとサクラバクシンオー。やはりなるべくして『ウマ娘』になったと言えるのではないでしょうか。余談ですが、ヤマニンゼファーはファンによってパドックで掲げられた“ゼファー魂”横断幕なども有名で、実にコアな人気のある馬でしたが、そもそもヤマニン冠の競走馬自体にコアなファンが多かった印象です。

筆者はヤマニンだとやはりヤマニンシュクルとヤマニンアラバスタの同い年牝馬が好きでした。ヤマニンシュクル、トウカイテイオー産駒なんですよね……これ、ワンチャンあるな……。ヤマニンアラバスタたんの話もいつかしたいですね……。

さてサクラローレルとヤマニンゼファーを的中させて嬉しい筆者ですが、しかしアストンマーチャンはまったく予想していませんでした。

アストンマーチャンの名前は実馬を知らなくても、ピンと来るものがあるでしょう。そうです。イギリスの名車・アストンマーティンを元にして、オーナーである戸佐眞弓さんの愛称からアストンマーチャンになったと言われています。頭の王冠はイギリスからの連想かもなんて声も。妄想が捗りますねえ!

アストンマーチャンはダイワスカーレット、ウオッカと同い年。2歳時小倉2歳SからファンタジーSを圧勝し、これは強いぞ、と思ったところに阪神JFで目の前に現れたのがそう、ウオッカ。クビ差の2着に敗れると更に桜花賞はダイワスカーレットに敗れます。いやあのメチャクチャ強いアストンマーチャンを負かすこいつらやべえな……となりましたが、その後の活躍はご存知の通り。アストンマーチャンはそこからスプリント路線へと進み、3歳秋にスプリンターズSを勝利するのです。

『ウマ娘』で言えばニシノフラワーやヒシアケボノ、そしてタイキシャトルも同じように3歳で勝っていますが、当時はスプリンターズSは12月開催。しかしアストンマーチャンは現在と同じように9月末か10月頭の開催。わずか2、3カ月とは言え競走馬の成長にとっては大きいものです。それだけ素晴らしい勝利だったと言えるでしょう。昨年のスプリンターズSでピクシーナイトが勝利したとき、3歳での勝利はアストンマーチャン以来。という情報が耳に入っていた人も多いのではないでしょうか。

アストンマーチャンは当時からかわいいと言われていました。目がね、くりっとしててホントかわいかったんですよ。それでピッチ走法でチャカチャカ必死に走る姿がとても愛嬌あって、人気のある馬だったんです。……待てよ? かわいくてスプリンター? そうですね、カレンチャンみたいですよね。同じチャンですし。しかも他にも共通点があるんです。それはオーナーさんがどちらもお医者さんだということ。こういう共通点もあり、もしかしたらカレンチャンと絡みがあったりするかも……?

そんなアストンマーチャンでしたが、4歳春に原因不明の大腸炎を発症させ、それが元で現役中に亡くなってしまいます。そうした事実を踏まえてキャラクターデザインを見てみると、実馬に似てかわいらしくて愛嬌ある感じですが、どこか儚さも感じさせるデザインに見えます。筆者にも刺さりそうな……そんな予感があります。

???ってもう『ウマ娘』キャラクター名前予想クイズじゃないですか!

昨夜は、キタサンブラックとサトノダイヤモンドを軸にした短編アニメ“1st Anniversary Special Animation”が配信されました。

最初の教室。並んで座るサトノダイヤモンドとキタサンブラック。そしてキタサンブラックの前に座る帽子のウマ娘……に関してはまだ我々もまだ新作アニメが始まったことに対する戸惑いなどで?マークを浮かべていたままでした。

しかし教室を出て、廊下を歩いているときに現れ、サトノダイヤモンドに手を振った『ウマ娘』。この子がアップになった瞬間、筆者のツイッターのタイムラインが「サトノクラウン!!」で埋め尽くされたのです。アプリがリリースされて1年で、みんな競馬を勉強したんだなと、改めて驚かされた一幕でした。

さらにアストンマーチャンがチラチラと登場し、最後チームスピカを眺める新ウマ娘3人。その後この3人を含めた新ウマ娘の情報が発表されましたが、みんながサトノクラウンと推測したウマ娘と、教室にいた帽子のウマ娘は名前が伏せられたまま。あれ? それって以前このコラムでもう1度やりたいと熱望していた2017年の名企画“ウマ娘キャラクター名前予想クイズ”じゃないですか!

片方のサトノクラウンは瞬殺で答えが出てしまった(この記事の掲載時点では公式発表はまだなので確定ではないと言っておきますが)。では帽子のウマ娘は? キタサンブラックとサトノダイヤモンドと同じ教室にいることから、間違いなく同世代、しかもおそらくは一緒に走ったことある馬がモデルでしょう。

髪の色や流星から最初はゴールドアクターを考えましたが。すぐに耳の青いギザギザや帽子が水色と白を基調にしていることから勝負服モチーフ、そして帽子についている錨のマークは横浜“ベイ”スターズやシアトル・“マリナーズ”を連想させる。

すなわち横浜ベイスターズとシアトル・マリナーズで活躍した“ハマの大魔神”こと佐々木主浩氏がオーナーであり、キタサンブラックと同い年のジャパンカップ勝ち馬・シュヴァルグランではないかという情報がTwitterで怒涛のように集まっていったのです。

恐るべしSNSの集合知……。2022年に『ウマ娘』キャラクター名前予想クイズをやったらこうなってしまうのだとわかった一幕でした。

推定サトノクラウンと推定シュヴァルグランに名前が出なかったのは、恐らくは24日に実装される星3キタサンブラックのシナリオに登場するからでしょう。そこで名前が明かされる、という仕掛けなのだと思います。

余談ですが、推定シュヴァルグランのキャラクターデザイン、ものすごく人気が出そうだと思います。アストンマーチャンと並び、今回の新ウマ娘においては要注目のキャラクターではないか。そんな予感がします。完全に筆者の独断と偏見ですが。

最後におまけとして妄想も妄想、大妄想のヨタ話をするのですが……。このキタサンブラックとサトノダイヤモンドの短編アニメに、アストンマーチャンが出てきたのはなぜでしょう? サクラローレルやヤマニンゼファーはアニメに登場しなかったですよね。推定サトノクラウンや推定シュヴァルグランが登場したのは恐らく同世代で24日に実装されるキタサンブラックの育成シナリオに登場するからでしょう。その証拠までは言えませんがもったいぶるように名前も伏せられています。ではなぜアストンマーチャンは登場したのでしょう?

先程も触れましたが、アストンマーチャンは大腸炎を発症し亡くなりました。実は同じように大腸炎で亡くなったこの世代の馬がいるのです。キタサンブラックと同い年の二冠馬・ドゥラメンテです。ドゥラメンテは昨年8月、種牡馬として産駒たちが活躍の兆しを見せ始めた頃に大腸炎で亡くなりました。

ドゥラメンテは恐らく今の段階においては『ウマ娘』には登場しないと思います。なのでもしかしたら、アストンマーチャンはその共通点でもって、できればキタサンブラックのシナリオにいてほしかったドゥラメンテの代理としてアニメに出演した可能性が……なんて。本当にこれは「こう考えるとピタリとハマるな」という筆者の妄想です。

きっと違うのではないかとは思いますが、こんなふうに考えられるくらい、『ウマ娘』の、そして競馬の世界には様々な縁と可能性、あるいはこじつけが絡まっているのです。実際どうであるにせよ、想像、妄想は無限大で、それが競馬を、『ウマ娘』をおもしろく感じさせる一因なのではないかと思っています。今後も新規『ウマ娘』が沢山増えていってくれて、我々が期待や妄想に胸を膨らませることが出来る未来をもっともっと期待したいと思います。

また次回もこういった“楽しみ方”を提示していければと思いますのでお時間ありましたらぜひご一読いただきたければ幸いです!

それではまた!

“まとめページ”でこのコラムをチェック!

連載コラム“ウマ娘が1.8倍楽しくなるお話”のまとめページはこちらです。過去に掲載してきたコラムをここで一気に読むことができます。いろいろな驚きや発見があると思いますので、ぜひチェックしてくださいね!!

【ウマ娘】謎のウマ娘の正体は? 予想が話題に。サクラローレルの登場も注目。みんなの反応まとめ

]

【ウマ娘】謎のウマ娘の正体は? 予想が話題に。サクラローレルの登場も注目。みんなの反応まとめ

Cygamesが展開するiPhone、Android向けゲーム『ウマ娘 プリティーダービー』にて、本日2022年2月22日(火)に配信された「ぱかライブTV Vol.14 1st Anniversary Special!」にて、5名の新たなウマ娘が公開。みんなの反応をまとめてみました。

サクラローレルら3名の名前とビジュアルが公開

本日2022年2月22日(火)、ゲーム『ウマ娘 プリティダービー』の配信番組「出張版 ぱかライブTV Vol.14」にて、新たなウマ娘の情報が公開!

「サクラローレル」「ヤマニンゼファー」「アストンマーチャン」の名前が、イラストとともに公開されました。さらに名前がわからない2名のウマ娘も……?

皆さんの反応をまとめてみました!

名称不明のウマ娘の正体は?

今回の発表で、Twitterでは「サクラローレル」「ヤマニンゼファー」「アストンマーチャン」がトレンド入り。

実は「サクラローレル」はキービジュアルに姿が写っていましたが、そこの時点ですでに正体を言い当てていた人も多いようです。

さらに名称不明のウマ娘の予想名も話題になっているようで……?(ネタバレ?回避のため最後の方にしています

皆さんの反応をまとめてみました。

ピンクの勝負服 → ピンクの勝負服 → サクラ軍団

髪の毛が茶色 → 栗毛

耳飾りが右側 → 牡馬

左にいるナリタブライアン、マーベラスサンデーと同世代 たぶん、これサクラローレルじゃないかな🤔 pic.twitter.com/VsEVDYaIq9 — まーさん@無課金オープンリーガー (@ma3umpd) February 22, 2022

ヤマニンゼファーのヒーロー列伝のキャッチコピー「そよ風(ゼファー)、というには強烈すぎた」いちばん好きなんだよな。二番目に好きなのは「風か 光か タマモクロス」です。ヒカリデユールの「いつか。いつか。父の名でここへ帰ってこい」はあまりに卑怯すぎるので選外で。 — 渡辺零 (@watanabe678) February 22, 2022

大魔神だけやなくアストンマーチャンの馬主も完全に新規やった

既存馬主だけから大きく前進 — ゆっくりウマ娘 (@umamusumetama) February 22, 2022

関連リンク

・公式サイト

・公式Twitter(@uma_musu)

(C) Cygames, Inc. (C) 2021 アニメ「ウマ娘 プリティーダービー Season 2」製作委員会

JRA白毛馬“繁栄”のカギを握るのはあの暴れん坊!? ソダシ、メイケイエールを出した白毛一族に「先細り」危機とは

]

今の『ウマ娘』に望むのは「育成の短縮化」や「ガチャの排出率UP」! 現役トレーナーの要望と1周年を祝う声をお届け【アンケ結果発表】

]

マルチメディア展開でその名を知らしめ、今や一大コンテンツとして知られる『ウマ娘 プリティーダービー』。TVアニメやコミカライズなどで博した好評を受け、万全の状態でリリースした育成シミュレーションゲームが昨年2月に登場すると、2021年を代表するほどの一大ヒットを記録する人気ぶりとなりました。

その活躍は2022年に入っても続いており、育成ゲームの『ウマ娘 プリティーダービー』(以下、ウマ娘)が1周年を迎えます。本作が1年間走り続けてこられたのは、プレイに励む多くのトレーナーがいたからでしょう。

だからこそ、現在進行形で楽しんでいる方々が何を望んでいるのか、今後の『ウマ娘』を見守る上でも非常に気になるところ。そこで今回は、『ウマ娘』への要望や期待などの声を事前に集め、その声の数々を紹介します。現役トレーナーたちの生の声を、ぜひご覧ください。

■トレーナーの要望は、育成の短縮化やガチャへの要望が最多!

育成ゲームの『ウマ娘』について、期待する点や要望などを募ったところ、最も多かった意見は育成パートのプレイ時間について。「育成時間の短縮」「1回のプレイ時間が長すぎるので短くして欲しい」「周回モードを作ってほしい」など、その時間的負担の軽減を求める声が集まりました。

『ウマ娘』の育成パートは、シナリオの練り込み具合や展開のほか、育成の手応えも評価を博しています。ですが、徹底して取り組んでも、運に左右される面が小さくないのも否めません。そこがいわゆるゲーム性の部分でもあるため、バランスそのものの改善を望むのではなく、1回当たりの負担を軽減する方向に集中したのが、見るべきポイントのひとつかもしれません。

また育成の短縮化に並んで多かったのは、ガチャの5排出率について。「SSRを5%にあげて欲しい」「ガチャの星3確率UP」「ピックアップ率の改善」「値段を緩和して」など、入手のしやすさや課金額の調整を求める声が相次いでいます。

このほかには、育成ウマ娘の実装について要望する意見も多く、「キタサンブラック」や「サトノダイヤモンド」などの名前が挙がりましたが、特に「ツインターボ」を推す声が強く、その活躍をゲームでも見たい方が後を断ちません。

さらに、新機能や新たな展開を求める声もあり、『ウマ娘』に対する期待や要望は大きく広がる形となりました。

【読者の声】(一部抜粋)

・ユーザーインターフェースの全面的な改善。

・ホーム画面と名鑑で、ウマ娘の私服を見れる機能。

・すでに手を打たれているだろうけど、海外レースの実装をお願いしたい。それを入れないと語れない馬もいるので。

・ウイニングライブでの歌唱対応ウマ娘をもっと増やして欲しい。様々なキャラと勝鞍があるだけに、もっと色々なパターンでライブ楽曲を聴きたいです。

・各ウマ娘の育成時のコメントにバリエーションを。シナリオに沿った形以外で、例えばクラシック3冠であったり有馬やJCなどの大きなレースを取った時位は普通よりももっと喜んだ顔が見たい。一般の勝利と同じやりとりが続くと作業感がある。

全員分となると作業的に大変かもしれないが、長く育成をするとなると地味に嬉しい部分なので常時追加していって欲しい、もっと色々なウマ娘の横顔が見てみたい。

【ウマ娘】半年貯め続けたジュエルで夢の200連ガチャをやってみた結果…

]

時は満ちた! 2022年2月24日、待ちに待ったウマ娘のアニバーサリーがやってきた。ガチャにキタサンブラックらが登場したのはご存じの通り。年に一度のお祭りなのだから、引いて引いて引きまくるしかあるまい!!

もはや肘の高さまでジュエルを積む覚悟のトレーナーさんもいるだろうが、いつもは無課金勢寄りの私も今回ばかりは気合が違う。なにしろハーフアニバーサリーで涙を飲んでから今まで、ジュエルを使うことなく貯めてきたのだ!!

・半年で貯めたジュエルの総数

半年間で貯めたジュエルは思い返せば長い道のりであった。ハロウィン、クリスマス、正月、バレンタイン……いろんなイベントを私はまるで修行僧のようにスルーし続けた。しかし、今はこう思える。アニバーサリーで離陸するための滑走路にすぎなかったと。

それもそうだ、貯めに貯めたジュエルは6万!! いやらしい話、現金化したら12万円(ジュエル5000個を1万円で計算)と心ゆくまでガチャをやることができるのだから!!

・プリティーダービーガチャを引いてみた

さて、それではガチャっていくとしよう。ネットで調べたところ、どうやら200連目でキタサンブラックは確定しているっぽいが、最悪そこに行き着いたとしても星3キャラはいくつか出てくれることだろう。個人的にはマックイーンほしいんだよなぁ。とりあえず無料10連からいただきます!

いきなり実装されたばかりのマチカネタンホイザ来た( ^ω^)

金ゲート3、銀7というなんてことない結果だったが、本番はここから。それでは結果をダダダダダダッとお伝えしていくので吹っ飛ばないようにシートベルトを締めてご覧いただきたい。

金ゲート4つもレインボーなし。銀ゲートから見慣れたウマ娘たちが出てきても、今日の私は気にしない。

金3銀7。まだまだ! どんどんいこう!

金1(最低保証)。まぁ、あるよね……このパターン……結構へこむけど……。

金4銀6。惜しいところまで来てるんだけどなぁ〜。

金2銀8。そろそろ確率的に出てもいいよ? 星3が出るのって3%だよね?

金3銀7。じらすなぁ……と思うと同時にレインボーゲートなんて存在しないんじゃないかと疑心暗鬼になってきた……。

金3銀7。わりと出てくれるタンホイザがただただ救いのターンに突入。

金2銀8。いまだにレインボー0。次まわしたら100連にもかかわらず、これが現実である。あぁぁ、でもこんなもんだよな……ガチャって。

金6銀4。今度こそ……今度こそは……と期待して出ないから素直に悔しい。

金3銀7。確率の3%って引けないときは引けないって分かっているけど、自分の身で感じると怖いなぁ。

金5銀5。いい加減、確率はどうなってんだ。そろそろプンスカしてきたら……!!

キタァァァ!!!!

しかもしかも……!!

キタちゃん!!!!

虹1金2銀7。キタちゃん出たことですべてが報われたが、とりあえず200連使ったら星3ウマ娘がどれくらい出るのか見てみたい。続けていこう!

金5銀5。続けて出てくれてもよかったけど、そうは問屋が卸さない。

金3銀7。通常運転ですねぇ。

金2銀8。上げたら落とすってやつだろうか。ゲートが金にならないと期待もできないなぁ……。

金2銀8。もうそろそろ2回目の3%が引けてもいいんじゃないかな? かな?

金2銀8。もはや銀のメンツを見るのが辛くなってきた……。と思ってたらここで……!!

金1(最低保証)の仕打ちである。このへんになってくると、キタちゃんが出たことを忘れて怒り始める自分がいた。なんでこんなに出ないのか……いや、これが普通なのか。

金3銀7。これで育成ウマ娘交換Ptが200で交換可能になったことでフィニッシュ。かなりヒキが悪い方の部類に入りそうだが、以上で200連ガチャを終えた。

・結果

改めてまとめると、星3はキタサンブラックのみ。そして金は59、銀は140という結果であった。なんというか、すごく現実を見た。

残りジュエルは3万ちょい。サポカを引こうかなとも思ったが、なんだか心に負った傷が大きいのでとりあえずじっくり考えて使いたい。サトノダイヤモンド、サクラローレルあたりが来るかもっていう話も聞くし、次を待とうかな……悩むなぁ。

執筆:原田たかし

Photo:© 2021 アニメ「ウマ娘 プリティーダービー Season 2」製作委員会、(C) Cygames, Inc.

ScreenShot:ウマ娘 プリティーダービー(iOS)